LPガス/サービス案内

HOME > サービス案内 > LPガス

LPガス

家庭用・業務用プロパンガス利用について

お引っ越しがきまりましたら、まずはご連絡下さい。
お客様の希望の日時をご予約いただきます。
連絡先 047-368-1200  平日8:30~17:30

使用開始のお手続き

当日、担当者がガス設備の安全点検を行います。
また、法令に基づく書類を作成しますので、印鑑と保証金(1万円)をご用意ください。
保証金は引越の際に全額お返しいたします。
ガス料金のお支払いは便利な口座振替をおすすめいたします。
手続きには、銀行または郵便局の口座番号とお届け印が必要です。

使用中止のお手続き

当日、担当者がガス設備の安全点検および手続きを行います。
この際、保証金はお返しいたします。

ガスの検針

検針は毎月一回、担当者がお客様宅にお伺いいたします。

ガスの保安検査

3年に一度、お客様のご都合に合わせ、お宅にお伺いして法令に基づくガスの保安検査を行います。
より安全にご利用いただけるよう、ご協力お願いします。

LPガスの地震対策

ガスメーターには、地震を感知するセンサーが組み込まれており、
ガス使用中に震度5以上の揺れを感知すると自動的にガスを遮断します。
LPガスは各ご家庭ごとに設備があるため、
地震などの災害時でも安全が確認できれば個別に復旧ができるので、
都市ガスに比べて早期にガスの使用が可能となります。
LPガス容器に接続されている高圧ホースも、
容器が転倒した場合にガスの放出を遮断する構造になっています。
また、ガスファンヒーター・ガスストーブには、感震器遮断装置が付いており、
本体が倒れるとガスが遮断する構造になっています。
最近は、システムキッチン用ガスコンロに感震遮断装置が組み込まれているものもあります。

マイコンメーターとは

ガスメーターの本来の目的はLPガスの使用量を計測することですが、
現在のガスメーターにはマイコン機能とガスの遮断装置を備えており、
常時お客さまのガスの使用状態を見守り、安全管理をしています。
ガスコンロの消し忘れや異常なガス放出などがあると自動的に安全装置がはたらき、ガスを止めます。

ガスが出ない(コンロ、炊飯器、給湯器などのガス器具が点火しない)時は、どうしたらいいの?

  1. まず、お家にあるすべてのガス器具が点火しないか確認しましょう。
    すべての器具が点火しない場合は安全装置がはたらいています。
  2. 次に、ガスの元栓をしめます。
  3. ガスメーターに『ガス止め』の表示がでていたら、復帰ボタンを押し、
    カチッといったら、1~2分待つと利用可能になります。

mycon-img.gif

悪徳セールスにご注意下さい!!

LPガスの電話・訪問販売のトラブルが続出しています。

悪徳販売員の一例

『ガスの料金が大幅に安くなります。申込書にサインするだけ、工事費は一切かかりません。』

数ヶ月後、料金を値上げしてくる。 ガス機器の故障・修理を頼んでも来てくれない。

契約書をたてに取り、解約に応じてくれない。 それでも解約すると高額の撤去費・設備工事費を請求される。

このページのトップへ